新型コロナウイルス危機

世界中にコロナ危機を乗り越える空気が漂い始めたが、まだまだ予断を許さない。
コロナ危機は終わっていない。東京五輪は開催できるのか。
(2021年2月18日)

MOMO

6月時点での神奈川県内65医療機関のSARS-CoV-2抗体陽性率は2.4%。1603名の抗体検査で判明。
JIJI.COM 2020年10月4日(日)

抗体陽性率2.4%は本当なのか。毎日公表される東京の新規感染者数は、その約半数が感染経路不明者だ。その感染経路不明者数と同じ数の感染者が隠れているということだ。実際の感染者数は最低でも、公表数の1.5倍ということになる。それにしても、抗体陽性率は2.4%は大きすぎる。不顕性感染者がどれほどいるのか。

トランプ大統領の新型コロナ語録
AFP BB NEWS 2020年10月2日 21:35 発信地:ワシントンD.C./米国

トランプ大統領のコロナ語録がおもしろい。性格は天真爛漫、豪放磊落だが、行動や発言は短絡思考に基づき、遠望神慮や思慮深さは些かもない。どうしてこれで大統領が務まっているのか。アメリカという国は不思議だ。

トランプ大統領は、限りなく子どもに近い。腕白小僧のようだ。とりわけ、4月24日の発言は子供でも言わない。

■4月24日 「1分でやっつけてしまう消毒剤がある。1分だ。洗浄するため体内に注射するとか、そういうことができないだろうか。というのも、それが肺に入り、肺にとてつもない効果を及ぼすからだ。試してみたら面白いだろう」 「紫外線やら何やらとてつもなく強力な光を体に照射したとする。君はまだ調べていないが、試してみると言っただろう。だからこう言ったんだ。皮膚を通すか、他のやり方でもいいが、体内に光をあてればいいと」

トランプ氏、新型コロナ感染 米大統領選挙戦へ打撃―軽い症状、隔離
JIJI.COM 2020年10月03日00時45分

トランプ米大統領がコロナに感染した。それにしても、トランプ氏は豪放磊落、天真爛漫、子供みたいな人だ。

「菅総理」最大の弱点は「しゃべり下手」 語彙力不足、すでに失言も
Yahoo!ニュース | 10/2(金) 5:56配信 デイリー新潮 DAILY SHINCHO

菅総理は、「しゃべり下手」でも語彙不足でもない。歴代総理や今の閣僚を見渡しても誰が語彙が豊富といえるのか。麻生副大臣に至っては、未曾有を「みぞゆう」といっているではないか。安倍前総理にしても、第1次内閣の時に、意味不明な「慙愧に堪えない」発言をしている。

菅総理は、麻生副大臣より常識としての日本語を知っている。ただ、東北出身者の口をあまり開かない話し方や口数の少なさが、「しゃべり下手」や語彙不足と捉えられているだけだ。

コロナ重症患者の死亡率が6月境に半減…理由は患者の年齢、治療法も進歩
読売新聞オンライン 2020/10/01 22:25

日本のコロナの死亡率は6月境に半減した。だが、新規感染者は再び増加傾向に転じている。世界のコロナの感染拡大は止まる気配さえない。

コロナ感染拡大はこれからが本番だ。「Go To」は、日本全体では経済効果はあるかもしれないが、高級ホテルや大手企業に恩恵をもたらすだけで、飲食店、居酒屋などの零細企業は決して救済されない。「Go To」は人を動かし、人と人と交流の機会を増やす。それは、とりもなおさず「コロナ感染の機会を増やす」のだ。

「Go Toトラベル」東京発着スタート
NHK NEWS web 2020年10月1日 16時26分

「Go Toトラベル」は、1日から東京発着の旅行が対象に加わった。これでいいのか。Go To コロナにならないのか。日本人が如何に用心深くマスクをを着用しても、所詮、見えない敵コロナには勝てない。「人が動けば、コロナも広がる」は道理だ。

東京都のコロナ感染、新たに212人確認
日本経済新聞 2020/9/29 15:17

東京のコロナ新規感染者数は、横這いから微増になりつつある。「人が動けばコロナ感染者が増える」のが道理だ。Go To トラベル、イートなどすべての「Go To」は、人を動かす。その結果は明らかで、行き着く先は「Go To コロナ」だ。

米印ブラジルに4割超集中 コロナ、世界の死者100万人 対策めぐり政治対立も
Yahoo!ニュース | JIJI.COM 9/29(火) 7:14配信

新型コロナの死者が日本時間28日,世界の死者100万人を超えた。だが、100万人は単なる通過点。

チャートで見る日本の感染状況新型コロナウイルス
日本経済新聞 2020/9/28 10:31 最終更新

国内の新規感染者は横ばい傾向にある。ここから増加に転じるか減少傾向を持続するのか、予断を許さない。世界の感染状況を見る限り、増加に転じるとみるのが妥当だ。

とはいえ、日本は世界一と思われるほど、企業や国民一人ひとりのコロナ対策意識が高い。どこに行ってもマスク着用は当たり前、スーパーなどにはアルコール消毒液が置かれ、レジにはビニールシートが貼られている。これが功を奏し、感染拡大が抑えられているかもしれない。

経済対策迷走③家賃支援・雇用調整金 「国頼れぬ」中小悲鳴
毎日新聞 2020年9月28日 12時00分(最終更新 9月28日 12時17分)

緊急事態宣言以降、政府の自粛要請を受けて休業や時間短縮の営業を続けていた飲食店などは、日増しに窮地に追い込まれた。要請に従わない「自粛破り」の店も現れた。

午後8時まで、10時までとかの時短営業の自粛要請は効果があったかどうかは全く分からない。誰も検証できないのだ。

↑このページのトップヘ