組織委新会長、夕方決定へ 橋本氏就任なら五輪相は辞任
朝日新聞デジタル 2021年2月18日 10時22分

橋本氏が会長では、森氏と大差ない。急遽担ぎ上げられた橋本氏は、森氏以上に会長として能力を発揮するとは思えない。橋本氏を会長に選ぶ必然性はどこにもなく、世界の批判をかわすための選択に過ぎない。日本は対面ばかり重視し、独自の主張や考え方を世界に示すことができていない。

日本社会は歴史的・伝統的に男尊女卑を当然のこととしてきた。大東亜戦争の敗戦により、アメリカによって民主主義を与えられた。その民主主義の中に「男女平等」がある。憲法第14条に「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定された。戦後生まれの団塊の世代でさえ、「男女平等」など本当は「糞くらえ」と思っている。

日本社会では、まだ、少なくとも高齢者には「男尊女卑」が根付いている。森氏の発言は、海外でこそ女性蔑視と批判されたが、日本の高齢者層には違和感はなく問題視されないのだ。

決して森氏を擁護しているわけではない。森氏は嫌いだ。