コロナウイルスの構造と複製サイクル(ライフサイクル)
城西国際大学 薬学部 額賀路嘉

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、約100 nmの球形。球体の内部には、約30 kb(3万塩基)からなるRNAゲノムがある。

ウイルスが増殖するには、宿主(新型コロナウイルスではヒトの)細胞と呼ばれる寄生先が必要になる。ウイルスの複製サイクルは、ウイルスが宿主(ヒトなど動物細胞表面の受容体)に結合する①吸着から始まり、②侵入→③ 脱殻→④素材の合成→⑤組立・成熟→⑥ ウイルス粒子の放出という過程を経て、細胞内でウイルス量を数百倍にも増幅させてから細胞外へ放出した後、また周辺の未感染の細胞に吸着して感染を繰り返す。