五輪への大きな逆風、森会長発言に国内外から批判…女性アスリートは「残念」「怒りもあります」
読売新聞オンライン 2021/02/05 06:45

宇宙人と揶揄された鳩山由紀夫氏は首相時代に、沖縄の米軍普天間基地の移設問題で「最低でも県外」と主張していた。その主張を批判した当時の編集手帳の記事に「綸言汗の如し」という中国歴史上の格言があった。編集手帳から学んだ言葉の一つである。

2月11日は建国記念の日であるが、鳩山氏の誕生日でもある。名の由紀夫は紀元節に由来する男の意味で名付けられたそうだ。

森会長は、失言を撤回して済ませたつもりである。本人は謝罪もしたつもりであるが、謝罪になっていなかった。そもそも一度発した言葉は元に戻すことはできない。「綸言汗の如し」である。