将棋の藤井聡太七段 「棋聖戦」連勝で最年少タイトルに王手
NHK NEWS WEB 2020年6月28日 19時48分
囲碁の芝野虎丸名人、史上最年少で三冠 十段を奪取
朝日新聞DIGITAL 2020年6月26日 19時00分
中国最強囲碁棋士に勝った18歳の「怪物」芝野虎丸七段に聞く
DIAMOND Online | 布施翔悟:清談社 2018.8.14 5:00

将棋界、囲碁界ともに新時代の到来だ。将棋界では藤井聡太七段が、自身初のタイトル獲得に挑む「棋聖戦」五番勝負の第2局が28日東京で行われ、藤井七段は初戦に続いて渡辺明三冠を破って2連勝して、史上最年少でのタイトル獲得に王手をかけた。囲碁界では、芝野虎丸名人(20)が26日、第58期十段戦五番勝負の第4局で村川大介十段(29)に141手で黒番中押し勝ちし、シリーズ3勝1敗でタイトルを奪取した。AIの影響を受けて育った両寵児はともに、新しい将棋・囲碁の時代を背負うことになるだろう。