政府の間抜け政策を全国に示したのが「大規模接種会場」だ。「近くの接種できる所」で接種したいと国民の多くがそう思う。それは子供でも分かる。理解できないのが菅総理一人だ。「大規模接種会場」で予約が低迷しているのは当然のことだ。対象者を全国に広げたとしても、接種予約者が増えることはない。

問題は菅政権の「五輪開催」のためののワクチン接種にある。接種の計画性はどこにもない。ただ、菅総理のコロナワクチン接種の進軍ラッパに地方が躍らせているだけだ。