新型コロナウイルス危機

世界中にコロナ危機を乗り越える空気が漂い始めたが、まだまだ予断を許さない。
コロナ危機は終わっていない。東京五輪は開催できるのか。
(2021年2月18日)

コロナ感染最新情報

世界の累積感染者数(Our World in Data)

世界の累積死者数(Our World in Data)

新型コロナウイルス感染速報(Su Wei - Developer)

チャートで見るコロナワクチン世界の接種状況は(日本経済新聞)

英国、フランス、インド、日本の新規感染者数(7日移動平均)(Our World in Data)

英国、フランス、インド、日本の最新ワクチン接種者の割合(Our World in Data)

英国、フランス、インド、日本のワクチン接種完了者の総数(Our World in Data)

コロナワクチン、緊急承認で20年中に供給開始も
日本経済新聞 2020/11/19 6:35 (2020/11/19 6:49更新)

ワクチンに対する過度の期待は禁物。

感染最多、首相「最大限の警戒状況」 GoTo言及せず
朝日新聞デジタル 2020年11月19日 9時51分

飲食時でも会話する時はマスクをつける「静かなマスク会食」などあり得えない。会食しない方がいいに決まっている。菅総理がGoToについて言及しないのは卑怯だ。

感染増、GoToトラベルが「きっかけ」 日本医師会長
朝日新聞デジタル 2020年11月18日 18時20分

GoToトラベルが第3派の「きっかけ」で、GoToイートがそれに拍車をかけた。

菅総理も政府も、全くそれを認識していない。

NYダウ終値、344ドル安の2万9438ドル…感染拡大への懸念が再燃
読売新聞オンライン 2020/11/19 06:52

世界中の人々がワクチン接種可能になるには、相当の時間を要するということだ。

東京都 新型コロナ 最多の493人感染確認 8月1日の472人上回る
NHK NEWS WEB 2020年11月18日 14時26分

東京、新たに493人感染。ワクチンの認可前に日本沈没か。この冬は長く暗い。

米ワクチン「有効性高いが安全性担保されていない」 宮坂・大阪大名誉教授が警鐘
msn ニュース | 毎日新聞 2020/11/17 20:11

ワクチンの「副反応リスクがどのぐらいあるのか分からない」状況下で、日本では真っ先に実験台になるのが高齢者だ。

ワクチンは間に合うのだろうか。日本のワクチン接種の開始時期は、早くて2021年の春頃と思われる。アメリカの開始時期は少し早いようだが、それでも世界全体で見た場合、人口の10%程度の接種件数になるまでに1年ぐらい要するのではないだろうか。

2021年の春は訪れるのだろうか。このまま世界の感染者が増加し続けたら、世界の感染者数は春までに、1億人は優に超えているだろう。

スウェーデンでも規制強化 「厳しすぎない」路線揺らぐ
朝日新聞デジタル 2020年11月17日 9時30分
ロベーン首相は16日、人の集まりは8人までとする新たな規制を発表、感染抑止策の強化。
スウェーデンでは、社会的距離の確保などを国民が自発的に実行することに期待する、比較的緩い対応をとってきた。

スウェーデンの比較的緩い対応は日本と同じようだが、1日の新規感染者は加速度的に増え、直近の1週間平均は4千人を超えている。日本の第1波では、この緩い対策で何とか切り抜けた。スウェーデンと同じように早めに対策、規制を強化しないと大変なことになる。

世界の感染者は累計で5429万人を超え、死者は131万人を上回る。
日本経済新聞 | 新型コロナウイルス感染世界マップ 2020/11/16 10:38 最終更新
新型コロナ、国内感染者11万7229人 新たに1428人確認
日本経済新聞 2020/2/22 9:14 (2020/11/15 22:32更新)

「世界の感染者は累計で5429万人を超え、死者は131万人を上回る」という状況であるにもかかわらず、IOCバッハ会長と菅総理は、2021年の東京五輪開催を信じている。現在の世界の感染状況を理解しない二人の妄想で、無責任極まりない。全世界の感染状況からすれば、東京五輪中止は必至だ。

国内の新規感染1737人、3日連続で過去最多更新…神奈川は「医療アラート」発動
読売新聞オンライン 2020/11/15 00:15

「医療アラート」とはなんだ。マスコミや行政で使う用語が乱れてきた。「アラート」とは何語?コロナ関連のカタカナ語だけでも「ロックダウン」「オーバーシュート」「アウトブレイク」「ソーシャルディスタンス」「エアロゾル」「クラスター」等々と新たな言葉が使われだした。おまけに「GoTo」。

フランス人は特に自国の言語に誇りを持っているというが、日本人には全くそれがない。これは、なまじ知識を有する者の明治時代からある西洋コンプレックスだ。おっと、「コンプレックス」も「劣等感」というべきだ。正確にいうと、「劣等感」はインフェリオリティー‐コンプレックス【inferiority complex】で、スペリオリティー‐コンプレックス【superiority complex】は「優越感」を意味する。これらのカタカナ語は、すべて知識階級がつくり上げたものだ。コロナとは関係ないが嘆かわしい。

アメリカで過去最多 1日で14万人超 感染拡大で経済活動制限の動きも
FNNプライムオンライン 2020/11/12 14:57

アメリカの1日の感染者数が12日には、15万人を超えている。日本は13日、過去最多1705人。

政府は「GoTo」を止めないという。まったく先の読めない人たちだ。今、発表されている感染者数は、2週間程前の数で、今日現在の感染状況を表していない。しかも、感染経路不明者や無症状感染者も増えてることからすれば、実際の感染者は発表数の倍近くは存在すると思われる。1日の感染者数は2週間後には、少なく見ても3000人を超えているだろう。

↑このページのトップヘ